リゼクリニックで脱毛した感想

リゼクリニックで脱毛した感想

このページの目次

リゼクリニックで脱毛した感想 〜流れを紹介〜

リゼクリニックを体験した感想を流れに沿って紹介していきます。
行く前に知っておいた方が安心できると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

1、リゼクリニックで脱毛予約

まずはネットから予約をします。
電話でも大丈夫です。

カウンセリング予約ページ

基本的に決まった定休日はないので、いつでも予約できます。
ただ、医院の事情によって時折休みがあります。
ちなみに公式ホームページの新着情報のところに、「各院休診日のご案内」が毎月下旬ぐらいに次月予定として発表されます。


リゼクリニック 各院休診日のご案内

各院休診日のご案内

行きたい日が休みになってないか最初にチェックしても良いですね。
各医院によってほとんど診療時間は一緒です。

平日だと12時から20時、土日祝日だと9時から19時となっています。
ただお昼休憩を挟んでいるので、平日だと14時から15時、土日祝日だと13時から14時が予約できません。

無料カウンセリングを申し込む場合は希望医院、氏名、住所、年齢などを入力していきます。


リゼクリニック 無料カウンセリング

そして「希望のメニュー」という項目もありますが、決まっている人はチェックをつけても良いし、まだ迷っている人は仮のものにチェックする形でも大丈夫です。
カウンセリング時に相談して決めることもできます。

そして割引の適用を受けたい場合は、学割、乗り換え割、ペア割などにチェックを入れておきましょう。
一番下のところに、自由に記載できる項目があるので、そこで何か聞きたいことがあれば、事前に記入しておいてもOKです。
もし何かカウンセリング前に知っておきたいことがあれば返信、または電話で連絡してくれます。


リゼクリニック 質問する

そして予約が完了すると、登録しておいたメールアドレスに予約日程や注意事項などが記載されたメールが届きます。
もしその条件に同意できるなら、空メールでも良いので返信します。

そうなると、予約確定通知が届きます。
返信しないとキャンセル扱いになっちゃうので注意してください。

流れを整理するとこんな感じです↓

1、予約のエントリーをする
2、予約確認メールが届く
3、予約確認メールに返信する(空メールでもOK)
4、予約確定

予約が完了したら、当日10分前には着くように行きましょう。

2、リゼクリニックに来店

リゼクリニックは場所によってはメンズリゼと併設されているケースもあります。
例えば私が行った心斎橋院はメンズリゼも併設されていました。
そういった影響もあるのか知りませんが、女性専用の靴箱が用意されていて、そこで靴を履き替えられるようになっています。


リゼクリニック 女性専用の靴箱

スリッパに履き替えたら受付に行きます。
そして受付は男性女性一緒で、それ以外は男性女性、別の作りになっていました。
全国的にもメンズリゼが併設されている場所は結構あるみたいです。

受付は同じ場所ですが、待合室は男女別々になってるのでプライバシーは十分確保されているなと思いました。


リゼクリニック 受付

パーテンションで仕切られているので顔が見えることもありません。
ちなみに併設されているリゼクリニックだと医師が男性の場合もあります。
そうなると、カウンセリングでの説明も男性医師になります。

ただ、施術自体は女性看護師がやるので、男性が対応することはありません。
リゼクリニックを待合室も十分な広さがありますし、カウンセリング部屋も1つではありません。
何部屋かあるので、そんなに待たされることはないんじゃないかなと思います。


リゼクリニック カウンセリング部屋

待合室には椅子がたくさんあります。
空間も非常に広いので他の患者さんがいてもそんなに気になりません。

まずは受付で問診票を渡されるので、それに記入して本人確認書類と一緒に提出します。
そしてちょっと待たされた後にカウンセリングルームへ移動します。

3、リゼクリニックでカウンセリング

カウンセリングルームに案内されたら看護師、医師の説明を受けます。
看護師の説明が先なのか、医師の説明が先なのかは、その時の状況によって変わるみたいです。
医師からは希望部位の問診、医療レーザーの仕組みやリスクについて説明されます。

例えば肌荒れが起こっていたり、アトピーがある人はホントに照射しても問題ないのかといった確認です。


リゼクリニック 医師の説明

ただ、例えば希望部位がVIOだからといって、下着を脱いでチェックするということはないです。
基本的には腕や足のチェックをする程度。

ただ、VIOのテスト照射を希望するなら見ることになりますけどね。
リゼクリニックには機械が3種類あって、肌状態や体質に合わせてどの機械が良いか、医師や看護師が選択すると話していました。

ちなみに機械は患者さんが選べないとのこと。
機械の詳しい説明は後ほどしますが、痛みが少ないものや、肌への刺激が少ないものなどがあるようです。


リゼクリニックには機械が3種類

そして医師の説明が終わったら今度は看護師さんとカウンセリング。
看護師さんとのカウンセリングの方が時間は長いです。
医師との話し合いは10分から15分程度で、看護師さんとの話し合いは30分ぐらいあります。

看護師さんとの話し合いでは下記のようなことを説明されました。

・リゼクリニックのサービス
・料金の案内
・自己処理の方法
・通院の回数
・予約の取り方
・解約の方法
・その他注意事項

カウンセリングの時間は十分確保されているので、時間が来たら終了という感じでもないです。
聞きたいことはとことん聞ける雰囲気です。
「何か聞いておきたいことはありますか?」と聞いてくれるので、そんなにせかせか説明する感じでもないのがいいですね。

ちなみにカウンセリングのときにテスト照射をお願いする事も可能です。


リゼクリニック テスト照射

*(上記は、私ではなく鈴木奈々さんです)
有料ですが、痛みの程度を知りたい人にはいいかなと思います。(料金は1000円〜1万円程度、機械や部位によって料金が変動します)

そのテストを受けて麻酔を希望するかどうか判断する人も多いみたいです。
ちなみにリゼクリニックに通う患者さんの4割ぐらいが麻酔をやっているとのことなので、痛いと感じる人が結構多いんだなと思いました。

なお、カウンセリングのときにテスト照射を希望していても剃毛していく必要はないです。
むしろ伸ばしたままがいいみたい。
毛が伸びていた方が、毛量や毛質の状態をチェックしやすいと話していました。

クリニック側に電気シェーバーもあるので毛は伸ばしたままで大丈夫です。
そして初回は写真撮影を行います。
ビフォーアフターのチェックだけでなく、増毛化、硬毛化のトラブルがないかの判断材料にするようです。


リゼクリニック 写真撮影

そしてカウンセリング時にもし不明点や迷う部分があれば、契約しないでそのまま帰ることもできます。
見積もりだけ取ってもらって、契約は後でという形でも問題ないです。

逆に契約して、すぐにでも脱毛したいという場合は予約の空きさえあれば施術までできちゃいます。
ただしそういう場合は、剃毛する時間も考慮しなきゃいけないので、空き時間の関係上、断られるケースもあります。

あと契約上、分割払いや医療ローンの場合、審査時間が必要なのでカウンセリングの日にそのまま施術を受けることはできません。
カウンセリングは早い人だと30分ぐらいで終わりますし、じっくり話を聞きたい人だと1時間ぐらいかかります。

4、リゼクリニックの料金

全国展開している大手脱毛クリニックの料金と比較しました。
【5回契約】(2019年8月調べ)

部位 アリシアクリニック レジーナクリニック リゼクリニック 湘南美容クリニック
32,000円 12,960円 19,800円 3,800円(6回)
肘下 48,000円 42.120円 39,800円 81,000円(6回)
膝下 64,000円 58.320円 89,800円 81,000円(6回)
腕全体セット 90,000円 77,760円 74,800円 無し
足全体セット 135,000円 97.200円 119,800円 無し
手足全体セット 135,000円 174.960円(膝上・肘上・指甲含む) 119,800円 210,000円(膝上・肘上含む6回)
VIOセット 157,500円 90.720円 99,800円 58,000円(6回)
全身脱毛 198,000円 189,000円 298,000円 348,000円(6回)

この中でリゼクリニックが最も安くなる部位は下記。

・肘下
・腕全体セット
・手足全体セット

腕の脱毛に強みを発揮する脱毛クリニックですね。
ちなみにリゼクリニックの手足全体セットは肘下、膝下、指先、甲を含んだパーツです。
手足全体セットといいつつ、指先や甲が入っていないクリニックもあるので、そういった意味ではかなりリーズナブルなセットプランかなと感じます。


リゼクリニック 料金

脱毛サロンやクリニックで人気の部位は脇、肘下、膝下、VIOの4つ。
そのうちの2つの肘下と膝下が安くできるので、この部位の脱毛を考えている人には良い脱毛クリニックかなと感じます。

ちなみに脇とVIOが一番安いのは、湘南美容クリニックでした。
値段を重視し、通うなら、

・肘下、膝下はリゼクリニック
・脇、VIOは湘南美容クリニック

と分けて通うのもありかなと思います。
ちなみに後ほど詳しく紹介しますが、リゼクリニックは割引サービスがいくつかあります。
学割、ペア割、のりかえ割があるので、それをうまく使えばもっと安く契約できます。

ちなみにリゼクリニックは総額を一括で払う方法と、定額で払う方法があります。


リゼクリニック 一括 定額

上記見ていただくとわかりますが、毎月の定額払いだと総額がちょっと高くなっちゃうのでお勧めできません。

・一括の場合:11万800円(税別)
・月額の場合:12万円(税別)

仮に24ヶ月払いにすると、だいたい1万円ぐらい高くなっちゃいます。
リゼクリニックは脱毛サロンみたいに潰れることもないでしょうし、一括で払っちゃってもいいような気もします。

5、リゼクリニックで施術

リゼクリニックの施術部屋は割と大きな部屋で、ゆったりとした空間が印象的です。
部屋には備え付けのロッカーがあるので、そこに重品や荷物などを入れておくことができます。

部屋の仕切り方は医院によって異なります。
施術部屋の片側がカーテンになっているところ、入り口だけがカーテンになっているところなど。


リゼクリニック 施術

備品やシーツ、タオルなどはすべて患者さん毎に交換しているとのこと。
院内の感染症対策のため、アルコール消毒もしていると話していました。
前の人がベッドを使って、そのままの状態で次の人が使うということはないので安心です。

脱毛する時の格好は施術部位によって異なります。
例えばこんな感じ↓

・脇脱毛→トップスを脱いでタオルガウンに着替え。下着とキャミソールは着たままでもOK
・腕脱毛→トップスは脱いでタオルガウンに着替え、胸の位置で巻く
・脚脱毛→下着は着けたままで、ストッキングや靴下は脱ぐ。腰にタオルガウンを巻く
・VIO脱毛→下着を脱いで腰にタオルガウンを巻く
・顔脱毛→服は着たまま。髪をまとめる


リゼクリニック 脱毛する時の格好

基本的には施術部位だけ脱ぐ感じですね。
どの部位でもタオルガウンが用意されているので、それで隠してベッドで待つ感じです。

そして看護師が肌をチェックし、いよいよ施術開始。
リゼクリニックは機械によってジェルを塗る場合と塗らない場合があります。

ライトシェアデュエット→ジェルを塗らない
ジェントルヤグ→ジェルを塗らない
メディオスターNext→ジェルを塗る

私の場合は、ジェルを塗らないライトシェアデュエットでした。
この機械だとジェルを塗る時間とふき取る時間がないので時短につながるのも嬉しい点。


リゼクリニック ライトシェアデュエット

機械については後ほど詳しく説明しますが、この機械はリゼクリニックで一番使われている機械です。
施術部位の狭いとこ、広いとこ問わず使える機械です。
照射口を施術部位に合わせて狭くしたり、広くしたりできます。

ジェルを使わないということで、時短には繋がるんですけどその分痛みを感じる印象・・・。
この機械は肌を掴むようにしてから照射するタイプです。
機械が肌にフィットする感覚がありました。

そして、ピッピッと音を発しながらレーザー照射していきます。
痛みと熱さ、両方を感じるような感覚でした。


リゼクリニック レーザー照射

ちょっとこれを今後も耐えるのは大変だなと思ったので、麻酔クリームを処方してもらいました。

リゼクリニックには麻酔方法が2つあって、クリームを塗るか、ガスを吸って痛み止めと使うかのどちらかです。
ガスの吸入による麻酔は施術時間が長くなればなるほど追加で使用しなければならず、1回につき1万円近くかかることもあります。

そうなると麻酔代だけで5回やったら5万円です。
さすがにそれは高いなと感じたので、麻酔クリームにしました。

クリームだったら軟膏みたいなものを一つ買って、これなら3000円で済みます。
麻酔クリームですが、10平方センチメートルあたりにつき1g使用。

うーーん、よくわからない(苦笑)
イラストを見た方がわかりやすいのでこちらをご覧ください。


リゼクリニック 麻酔クリーム

どのぐらいの量を塗ればいいのか看護師さんに聞いたら、「施術部位全体に塗るのではなく、痛みを感じやすい部分に塗布してください。」とのこと。
「例えば、どういうところに塗ったらいいんですか?」と聞いたら、「デリケートゾーンや手の甲、ひじ、関節などが特に痛みを感じやすい」とのことでした。

もちろん太ももとかひざ下全体に薄く塗ってもいいんですけど、それだと1回で使い切っちゃうので、節約しながら使いたいなら痛みを感じやすい部位だけ塗るのがいいかもしれません。

今回は麻酔クリームを購入しても、効果が出るまで30分以上たたないと意味がないので、麻酔無しで施術しました。
次回からはこのクリームを塗ってから来院してくださいと言われました。


リゼクリニック 帰り

ちなみにガスの吸入による麻酔はその場ですぐ、利用できます。
痛みが我慢できなければ、一旦施術を中断して麻酔をしてから再開する方法もあります。

6、リゼクリニックの予約

施術が終わったら次回予約ですが、リゼクリニックでは1ヶ月以内の予約しか取れないので、すぐその場で次何日にするかという予約はできません。
改めて電話、または再診予約フォームから予約する形になります。
当日、または次の日の予約を取りたい場合は再診予約フォームではなく、電話のみ受付となっています。

ちなみに各医院のLINEがあるので、それを登録しておくと急な空き情報とかも流れてくるので、登録しておいても良いかなと思います。
ただ、そんなにめちゃめちゃ混んでいる訳ではないので、特定の曜日しか行けないという人じゃなければ登録しなくてもいいかなと思います。

各医院のLINE ID

一時期LINEも登録していたんですけど、そんなに毎日満室になるわけではないので、逐次予約状況をチェックしなくても良いかなと思うようになりました。


リゼクリニック 予約状況

こんな感じで、直前でも意外と空いているので。
まあ細かく時間を指定したい人なら登録しておいて損はないかなと思います。

リゼクリニックの場合、2回目と3回目は前回から8週間から12週間空けます。
4回目ら5回目は12週間から16週間あけます。

回数が増えればそれだけ毛量も減るので、そんなに短い期間で行かなくて良いという考えです。


リゼクリニックの予約に関するよくある質問

ここでは、リゼクリニックの予約方法やキャンセル方法、そして実際にキャンセルした場合、どんな扱いになるのか紹介します。

リゼクリニックの予約(お手入れ)方法

お手入れの予約はその場で次回予約を取るか、電話、または再診予約フォームから予約することができます。
ちなみに当日、または次の日に予約を取りたい場合は電話のみ受付となっています。

リゼクリニックの場合、1ヶ月以内の予約しか取れないので、受付で次回予約するよりも結局は電話か、予約フォームから予約する人がほとんどだと思います。

リゼクリニックでは各医院のLINEがあって、お友達登録すると最新の予約空き状況がチェック出来ます。
例えば心斎橋院のLINEを登録したらこんなお知らせが届きました。


リゼクリニック LINE

「16時から空いてますよ」みたいな感じで直前の空き状況を教えてくれます。
ただ単に電話するだけだと、自分の好きな時間帯に空いていないこともあるので、LINEと並行してやると、好きな時間の予約が取りやすいかなと思いました。

LINEだとプッシュ通知をONにしておけば、キャンセルが出た時点でリアルタイムで連絡がきます。

リゼクリニックのLINEお友達登録はこちらからできます。

リゼクリニックでは帰る時に、次回施術までの理想的な期間という「目安案内書」が渡されます。
その日時を目安にして、ちょうど1ヶ月前になったら連絡するのがいいかなと思います。

色々な予約方法がありますが、手っ取り早いのは電話。
電話だとその場で日時調整ができるので、この方法をリゼ側も推奨しています。

再診予約フォームでもいいんですけど、リアルタイムで情報がすぐに反映されているとは限らないので、その点理解しておきましょう。

再診予約フォームはこちら

そしてリゼクリニックは途中で医院を代えたい場合に変更することもできます。
しかし、一部の医院は変更できないので注意してください。(横浜院、新潟院、提携院は変更不可)

ちなみにカウンセリングとお手入れの予約は電話番号が違うことがあるのでご注意ください。
お手入れの予約番号は下記になります。

新宿院
0120-515-473

渋谷院
0120-554-568

銀座院
0120-966-120

大宮院
0120-601-222

柏院
0120-462-555

横浜院
0120-635-222

梅田院
0120-715-716

心斎橋院
0120-652-216

三宮院
0120-232-404

京都四条院
0120-349-666

名古屋栄院
0120-230-160

名古屋駅前院
0120-666-766

仙台院
0120-738-730

新潟院
0120-949-193

広島院
0120-825-588

福岡天神院
0120-515-254

青森院
0120-107-286

盛岡院
0120-107-286

いわき院
0120-107-455

郡山院
0120-107-286

リゼクリニックの予約(お手入れ)をキャンセルした場合

リゼクリニックはお手入れ予約をキャンセルしてもキャンセル代はかかりません。
ただ、キャンセルできるのは予約時間の3時間前まで。

例えば午後3時に予約しているなら、午前12時までに連絡しなきゃいけないということです。
3時間前までというのはかなり良心的だなと感じます。
他のクリニックだと前日、または2日前までにキャンセルをしなければいけないところがばかりなので。

ただし、予約時間が午前10時から午後1時までの間の予約は、前日の診療時間までに連絡が必要になります。
仮に、キャンセル可能時間が過ぎてしまった場合、1回分消化扱いになります。

予約時間が3時間を切ってしまうと、いかなる理由でも受け付けてくれませんので注意しましょう。

リゼクリニックの予約(お手入れ)に遅刻した場合

遅刻してしまっても、その分時間を伸ばしてくれるわけではないです。
リゼクリニックは完全予約制なので、次の時間に他の人の予約が入っている可能性が高いため、時間は延長できません。

例えば1時間の施術時間に対して、10分遅刻したら、50分の案内になります。
一応15分ぐらいまでの遅刻だったら案内してくれるようですが、施術箇所が1箇所だけの場合、所要時間も短くなるので断られる可能性もあります。

90分の施術時間が確保されている場合だったら、15分の遅刻でも案内してくれる可能性がありますけどね。
その辺りは施術時間との兼ね合いで、どのくらいの遅刻が許されるかが決まります。
b  あまりギリギリになるように行かないで、15分前には到着するぐらいな感覚で通った方が良いです。


リゼクリニックの施術に関するよくある質問

ここではリゼクリニックの施術に関するよくある質問をまとめました。
施術、時間、自己処理、痛み、麻酔についてまとめたのでご覧ください。

リゼクリニックの施術部位

リゼクリニックでは照射不可能なところはほとんどないと言っても良いぐらいです。


リゼクリニックの施術部位

・ひたい ・ほほ ・あご ・ワキ ・胸 ・お腹 ・Vライン ・耳毛 ・鼻 ・鼻毛 ・鼻下 ・あご下 ・Iライン ・手の甲・手指 ・太もも ・ひざ〜足首 ・足の甲・足指 ・ひじ〜手首 ・二の腕 ・うなじ ・背中 ・お尻 ・Oライン

顔は鼻下とあごぐらいしかやっていないところも多いですが、ひたいや頬、鼻、鼻毛などすべてやってくれます。
鼻毛なんてやる人もいるんですね・・・。
ちなみに鼻毛の場合、鼻の入り口1cm程度まで鼻の中周辺を施術してくれます。


リゼクリニック 施術対象部位

あと、耳。
耳は他のクリニックでは、やっていないところが多いかも。
耳の施術は外側です。(耳たぶとか)
耳の穴の中まではやりません。

その他、指や甲、足首あたりもぐるんと360度全部施術してくれます。
かなり細かい部位まで施術対象になっているので、リゼクリニックならどの部位でもやれるんじゃないかなと思います。

リゼクリニックの施術時間

リゼクリニックでは部位ごとの所要時間をあらかじめ教えてくれます。

全身:120分
VIO:60分
手足セット:45分
顔:45分
足全体:45分
腕全体:30分
背中:30分 膝上:30分
膝下:30分
肘上:15分
肘下:15分
脇:15分

部位をまとめてやることで時間が短くなることがあります。
例えば、膝上、膝下それぞれ30分となっていますが、まとめてやる場合は45分です。


リゼクリニック 施術時間

所要時間は着替えや待ち時間等全て込みの時間です。
あと、使用する機械によって多少照射時間が異なるので、あくまでも目安になります。
その他、肌状態によって多少個人差があります。

いろいろまとめてやる場合は、1時間近くかかることを想定しておいた方が良いですね。

リゼクリニックの施術前の自己処理

自己処理は施術日前日までに、処理しておく必要があります。
剃毛は電気シェーバーで行います。
毛抜きを使うと脱毛機の効果を十分に得られません。

あとカミソリもNG。
皮膚表面を傷つけてしまう可能性があるので、シェーバーが1番無難です。

ちなみに埋没毛がある人は無理に引っ張り出そうとせず、そのまま放置するのが1番です。


リゼクリニック 埋没毛

医療レーザーは埋没毛に対しても効果があるので、無理に自分で処置しない方が良いとのことです。

ちなみに、自己処理を忘れていった場合でもお手入れは受けさせてくれます。
シェービング代でお金を取られることもありません。
ただ、だからといって自己処理をしないで行くことはやめた方が良いです。

背中やデリケートゾーンの剃毛はクリニック側にお願いしちゃっていいですけど、それ以外の部位は自己処理してから行かないと、照射が終わらなくなる可能性があります。

背中などは剃毛する時間も考慮されていますが、膝下などは剃毛時間は考慮されていません。
できる限り自分で剃毛を済ませるのが基本です。

リゼクリニックの施術の痛み、麻酔はある?

リゼクリニックの機械はレーザー脱毛ですが、ぶっちゃけ痛いです。
実際、通っている人の4割程度は、麻酔を使っているとのこと。


リゼクリニック 麻酔

半分近い人が麻酔を使わないと、しんどいと思っていることからも痛さが伝わるのでは。

ちなみに、リゼクリニックの麻酔は2種類あります。

・麻酔クリーム
・笑気麻酔(ガス麻酔)

麻酔クリームは軟膏みたいなクリームを肌に塗って痛みを軽減させるものです。
これは事前に希望者に処方されるので、自分で塗ってクリニックに行く形になります。
3000円です。


リゼクリニック 麻酔クリーム

施術する1時間前には塗っておかないと効果が出ないので、行く前に塗って来院する人がほとんどだと思います。
ちなみにこのクリームなんですけど、佐藤製薬の「エムラクリーム」というものです。
ネットとかで買えちゃえば安く済むかなと思ったんですけど、外用局所麻酔剤なので、市販されていませんでした・・・。
残念。

そして笑気麻酔はガスを鼻から吸い込んで意識を朦朧とさせる麻酔。
感覚的に、完全に気を失うということではないですが、酔っ払ったかのようなポワーンとした感覚になるのが特徴です。


リゼクリニック 笑気麻酔

これは事前準備の必要なし。
施術前に笑気麻酔を行って、施術します。
ガスを吸い込むだけなので、痛みとかは全然ないです。
ただ、体質的に合う合わないがあるようで、吸った後に頭が痛くなったり、吐き気が出てしまう場合は笑気麻酔NGになっちゃいます。

笑気麻酔は1回30分3000円。
もし全身脱毛でやる場合は、30分以上かかっちゃうので、1回の施術だけで麻酔代が1万円以上かかっちゃいます。
完全に痛みを取り除いてやりたいなら笑気麻酔がお勧めですが、値段で言うと麻酔クリームの方が経済的です。

ちなみに麻酔クリームで完全に痛みを取り除けるかというとそうでもない・・・(苦笑)。
痛みが若干和らぐかなという程度で、痛いは痛いというのが正直な感想です。
ちなみにどっちの麻酔にするかはカウンセリング時に相談してみると良いかも。

カウンセリング時にテスト照射して、なんとか耐えられそうなら麻酔クリーム、あまりにも痛いようなら笑気麻酔が良いかなと思います。
なお、テスト照射は有料です。
施術範囲や機械にもよりますが、1000円からできます。

テスト照射をお願いする場合は事前の申し込み段階で伝えておいた方が良いです。
その場で伝えても可能は可能なんですけど、他の予約状況との兼ね合いで待たされることもあるので。

ちなみに笑気麻酔の方は亜酸化窒素というガスを吸入します。
に害がないものですが、多少覚醒状態になるので体調が悪くなる事も稀にあるそう。
初めての人は低濃度でちょっとずつ体調を見ながらやってくれるので、そのあたりは安心して任せることができます。

話を聞いたところによると顔やデリケートゾーンの施術をする場合は麻酔を使用する人が多いんだとか。
部位によって痛みの強弱があるので、その辺りを一つの判断材料にすると良いかと思います。

尚、痛みが出やすいのは毛が濃いところ、皮膚が薄いところ、関節に近いところ。


リゼクリニック 痛いところ

顔、VIO、脇、膝、肘、甲などが特に痛いと感じる人が多いようです。

麻酔を使うかどうかは事前に判断しなくても大丈夫です。
例えば施術中に思ったより痛いなと思えば、その段階で中断し、笑気麻酔をお願いする事も可能です。
麻酔クリームだと効果が出るまで時間がかかっちゃうので無理ですが、笑気麻酔ならすぐ使えます。

リゼクリニックの施術回数・持続期間とは

基本的には5回コースで契約される方がほとんどです。
あらかじめ6回、7回と契約しちゃっても良いんですけど、効果を確かめながら追加するかどうか判断すればOKです。


リゼクリニックの施術回数・持続期間

レーザー脱毛は5回で十分施術効果が得られるので、それ以上の回数はいきなり契約しなくて良いかと思います。
そしてリゼクリニックでは下記の照射期間が目安となります。

1回目
2回目:前回から8週間から12週間あける
3回目:前回から8週間から12週間あける
4回目:前回から12週間から16週間あける
5回目:前回から12週間から16週間あける

回数を重ねるごとに毛量も減っていくので、4回目、5回目はちょっと間をあけて大丈夫です。
たくさんの毛が生えそろってからやった方が効果があるので、逆に早いタイミングでやる必要がないです。

1年のスケジュールで言うと、こんな感じです。

1回目:1月
2回目:3月
3回目:5月
4回目:8月
5回目:11月

ただ、そんなに厳密に考えなくても大丈夫です。
例えば3ヶ月空くのと4ヶ月空くので、そんなに違いはないので。

リゼクリニック側も「何週間後に必ず来てください」という言い方はしません。
「自分自身で毛量を確認して一番生え揃っているなと感じるときに来てください」と伝えてきます。

尚、顔に関しては体の期間より短めでOKです。
体が2ヶ月空けるなら、顔は1ヶ月あければ十分です

顔のほうが毛周期のサイクルが早いので短い間隔で良いとされています。
そして持続効果ですが理論上、照射した毛は再び生えてきません。

それこそ5年経とうが、10年経とうが。


リゼクリニック 何週間後

問題はヘアサイクルの過程で照射できなかった毛があった時。
一応5回で全ての毛に対して照射できるぐらいの回数なんですけど、それでも照射漏れがあるかもしれません。

そういう時は残念ながら再びムダ毛が生えてくる可能性はあります。
ちなみに医療レーザーは永久脱毛と言われますが、1本も毛が生えてこないかというと、そういう定義ではないです。

「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下」の脱毛方法を永久脱毛と呼びます。
なので、ツルツル状態が何十年も持続できるかは、正直その人次第です。

ちなみに、効果を持続したいために「出力は強くしてください」と言うお客さんもいるみたいです。
でも一定以上の出力があれば、効果に違いが出るわけではないので、それ以上強くしても逆に肌を傷めるだけです。
そのあたりは素直に看護師さんのやり方に従った方が良いかなと思います。


リゼクリニックの施術に使う機械

リゼクリニックには機械が3種類あります。
ちなみに3種類あっても患者さんが「この機械が良いです」と選ぶことはできません。


リゼクリニックの施術に使う機械

それぞれの機械に特性があるので、肌の状態や毛の状態などを考慮して医院側が選びます。
ただ、正直、「他の機械の予約が埋まっちゃってるから、この機械」という選び方をしているかもしれませんが・・・。
その辺の真相は分かりません。
どの機械になるにせよ、効果のない機械は無いのでその辺りは安心して任せることができると思います。

ライトシェアデュエット(熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機)

ライトシェアデュエットは前からリゼクリニックで使われているスタンダードな機械です。


ライトシェアデュエット(熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機)

特徴的なのは照射部位を吸引しながら照射すること。
皮膚をちょっと引っ張るような感じにしてから照射します。

皮膚を引っ張った方が毛穴の奥深くまでレーザーが届きやすいからです。
この機械は広い部位、狭い部位どこでも使える機械です。
照射口の取り替えが可能なので、背中では大きい照射口を使って短時間で施術を終わらせてくれます。

ライトシェアデュエットはジェルを使う必要がないので下準備、拭き取る時間がないのがありがたいですね。
開院当初から導入されている機械で、どの医院に行ったとしても必ず置いてあります。

メディオスターNeXT(蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機)

メディオスターNeXTはダイオードレーザーでライトシェアデュエットと同じ部類なんですけど、蓄熱式になります。


メディオスターNeXT(蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機)

熱破壊式は毛根部分までレーザーを届けて毛をなくすタイプだったんですけど、この脱毛機はバジル領域という部分を破壊して脱毛します。
言葉ではわかりにくいのでイラストで説明します。


リゼクリニックの施術部位

毛の途中にピョコンと飛び出たものがバジル領域です。
その部分を照射しても結局、毛全体を消滅させることができるため、そういった施術が出来る機械が増えてきました。
従来のものよりレーザーが届く距離が短くなるので、痛みを最小限にとどめることができます。

ただ、実際に施術した人ならわかると思いますが、熱破壊式のライトシェアデュエットと蓄熱式のメディオスターNext、どちらも痛いです(苦笑)
なので、ぶっちゃけどっちがいい機械なのか素人にはよくわかりません。

ちなみにこっちのメディオスターNeXTはジェルを使います。
ジェルを使っている影響もあるかもしれませんが、気持ちこっちの方がちょっと痛くないかなという程度です。

あと、メディオスターNeXTは強い光をバーンと当てるわけではなく、比較的弱いレーザーをじっくり当てる感じ。
なので急激な温度上昇は生まれません。
その結果、火傷や赤みのリスクはメディオスターNeXTの方が少ないかなと思います。

ライトシェアデュエットより新しい機械なので、最近はこちらを勧められることの方が多いです。

ジェントルヤグ(熱破壊式YAGレーザー脱毛機)

そしてちょっとタイプが違うのがジェントルヤグ。
こちらの機械は色素沈着があったり、埋れ毛がある場合に効果を発揮する機械です。


ジェントルヤグ(熱破壊式YAGレーザー脱毛機)

他のレーザーより波長が長く、黒い色素に反応しにくいのが特徴。

正直、ムダ毛をなくすという点で考えれば上記紹介した2つの機械の方が精度が高いです。
でもこっちの機械は肌のシミやほくろなどへの影響が少ないので、肌へのダメージが一番少ないです。

肌荒れしていたり、アトピーが気になる人は、おそらくこのジェントルヤグを勧められるんじゃないかなと思います。
また冷却ガスを搭載しているので、熱くなる肌を冷ます効果があります。

このジェントルヤグもジェルは使用しません。
500円ぐらいの大きさの照射口を何回もポンポンと肌に当てながら照射していきます。

リゼクリニックには効果が期待できる機械、痛みを最小限にとどめてくれる機械、肌への影響を最小限にとどめてくれる機械があると考えておけば良いかなと思います。


リゼクリニックの料金に関するよくある質問

リゼクリニックの料金について詳しくまとめました。
他の医療クリニックと比較しつつ、どの部位の契約が特に安いのか見ていきましょう。

リゼクリニックの料金は他より安い?

レーザー脱毛の料金は総額で比較するよりも、1回あたりで比較した方がどのクリニックが安いのかわかります。
ここでは全国展開されているクリニックをピックアップしました。
アリシアクリニック、レジーナクリニック、リゼクリニック、湘南美容クリニックで比較しました。(2019年8月更新)


部位 アリシアクリニック レジーナクリニック リゼクリニック 湘南美容クリニック
46,400円(税込)8回(1回あたり5.800円) 12,960円(税込)5回(1回あたり2,592円) 19,800円(税込)5回(1回あたり3,960円) 5,980円(税込)6回(1回あたり966円)
肘下 69,600円(税込)8回(1回あたり8.700円) 42.120円(税込)5回(1回あたり8.424円) 39.800円(税込)5回(1回あたり7.960円) 81,000円(税込)6回(1回あたり13,500円)
膝下 92,800円(税込)8回(1回あたり11.600円) 58.320円(税込)5回(1回あたり11.664円) 89.800円(税込)5回(1回あたり17.960円) 81,000円(税込)6回(1回あたり13,500円)
腕全体セット(湘南美容外科は腕のみのセットコースがないためそれぞれの合算) 129,600円(税込)8回(1回あたり16,200円) 77.760円(税込)5回(1回あたり15,552円) 74,800円(税込)5回(1回あたり14.960円) 162,000円(税込)6回(1回あたり27,000円)
足全体セット(湘南美容外科は足のみのセットコースがないためそれぞれの合算) 194,400円(税込)8回(1回あたり24,300円) 97.200円(税込)5回(1回あたり19,440円) 119.800円(税込)5回(1回あたり23.960円) 162,000円(税込)6回(1回あたり27,000円)
手足セット 194,400円(税込)8回(1回あたり24,300円(肘下・膝下) 174.960円(税込)5回(1回あたり34.992円)(肘上・肘下・膝上・膝下・指甲) 119.800円(税込)5回(1回あたり23.960円)(肘下・膝下) 210,000円(税込)6回(1回あたり35,000円)(肘上・肘下・膝上・膝下)
ハイジニーナ(VIO) 230,400円(税込)8回(1回あたり28,800円) 90.720円(税込)5回(1回あたり18.144円) 99,800円(税込)5回(1回あたり19,960円) 58,000円(税込)6回(1回あたり9,666円)
全身 455,880円(税込)8回(1回あたり56.985円) 189,000円(税込)5回(1回あたり37.800円) 298,000円(税込)5回(1回あたり59,600円) 348,000円(税込)6回(1回あたり58,000円)

部位別に比較してリゼクリニックが最も安かったのは肘下、腕全体セット、手足セットの3つ。
人気の膝下と肘下で一番安いというのは魅力的ですね。
これで脇も安ければ言うことなしでしたが、残念ながら脇はそんなに安くありませんでした。(脇は湘南美容クリニックが一番安い)


リゼクリニック 安い

ちなみに基本の契約回数は各クリニックで下記のようになっています。

リゼクリニック:5回
レジーナクリニック:5回
アリシアクリニック:5回、8回、脱毛し放題
湘南美容クリニック:6回

レーザー脱毛はだいたい5回ぐらいやれば十分効果を得られるので、そのぐらいの回数を基本としているケースが多いです。
アリシアクリニックだけレーザー脱毛なのに脱毛し放題コースがあります。
そこまでやる必要があるのかなと個人的には思いますが。

追加契約の場合は安い?

各クリニックでは追加契約も可能です。
5回やればある程度満足いくレベルまでは行くんですけど、あと1、2回追加したいなと思う人もいます。
そこで追加契約した場合の料金も比較してみました。

アリシアクリニック:定価
レジーナクリニック:定価の半額
リゼクリニック:定価の半額
湘南美容クリニック:定価

良心的だったのはレジーナクリニックとリゼクリニック。
5回契約した後、プラスでやりたい場合は割安の料金設定になっています。
例えば、脇や肘下で5回契約した人が6回目を追加でやる場合、どれぐらいの料金差になるか紹介しましょう。


6回目の料金 アリシアクリニック レジーナクリニック リゼクリニック 湘南美容クリニック
5800円 2000円 1900円 1500円
肘下 1万5000円 6500円 5800円 1万7410円

ご覧のようにレジーナクリニックとリゼクリニックが安いです。
湘南美容外科は脇だけは安いですけどね。


リゼクリニック 追加料金

追加料金で1回あたりが定価の半額になるかどうかはかなり大きいです。
もし「自分は毛量が多い」、「毛深いから5回じゃ心配」という人は、追加契約が安いリゼクリニックやレジーナクリニックを検討してみては。


リゼクリニックに値引きはある?

リゼクリニックは値引きがあるのか調べてみましたが、残念ながら気軽に使えるクーポンや割引券はありませんでした。
ホットペッパーや雑誌のクーポン、その他、お友達紹介クーポンがあるかラクマやメルカリなどで調べてみましたが、一切無かったです。


リゼクリニック 追加料金

ただ、特定の人に使える割引サービスはありました。
実施しているのは学割、乗換割、ペア割の3つ。
それぞれ詳しく紹介します。

リゼクリニックに学割はある?

リゼクリニックでは学割が使えます。
対象は下記の通り。

高校生、大学生、専門学生、予備校生、大学院生など。
在学中で学生証を持っていることが条件です。


リゼクリニック 学割

この学割のすごいところは、特定コースだけでなく全てのコースプランで適用されること。
5回契約ならどんな契約をしても20%割引が適用されます。

例えば、20%安くなるとこんな感じです。


部位 20%引きの料金
1万9800円→1万5840円
肘下 3万9800円→3万1840円
ひざ下 8万9800円→7万1840円

全体的に数千円から数万円安くなるので、学生にはかなりありがたい割引プランです。
尚、学割を適用した場合、他のクリニックと比較してどうなるのかも調べてみました。

【学割を適用した場合】5回契約の料金(2019年8月更新)


部位 アリシアクリニック レジーナクリニック リゼクリニック 湘南美容クリニック
32,000円→32,000円 12,960円→12,960円 19,800円→15.840円 5.980円(6回)→5.681円
肘下 48,000円→48,000円 42.120円→42.120円 39,800円→31.840円 81,000円(6回)→76.950円
膝下 64,000円→64,000円 58.320円→58.320円 89,800円→71.840円 81,000円(6回)→76.950円
腕全体セット 90,000円→90,000円 77,760円→77,760円 74,800円→59.840円 無し
足全体セット 135,000円→135,000円 97.200円→97.200円 119,800円→95.840円 無し
手足全体セット 135,000円→135,000円 174.960円(膝上・肘上・指甲含む)→174.960円 119,800円→95.840円 210,000円(膝上・肘上含む6回)→199.500円
VIOセット 157,500円→157,500円 90.720円→90.720円 99,800円→79.840円 72,000円(6回)→72,000円
全身脱毛 198,000円→193,000円 189,000円→189,000円 298,000円→238.400円 348,000円(6回)→330.600円

例えば、足全体セットはもともとの価格で比較するとレジーナクリニックが1番安いんですけど、学割が適用されることによってレジーナクリニックよりリゼクリニックのほうが安くなります。

学生の人は定価だけを比較するのではなく、学割を適用して、どうなるのかも考えて選ぶのがいいですね。
ただ注意したいのが、リゼクリニックの全部の医院で学割が使えるわけではありません。
2019年8月時点で、下記医院ではなぜか学割が使えないので要注意です。

青森院、盛岡院、いわき院、郡山院、新潟院

リゼクリニックに乗換割はある?

次にリゼクリニックの乗り換え割も紹介します。
リゼクリニックの乗り換え割はエステサロンやクリニックに通っていたことが分かる証明書があればOKです。


リゼクリニック 乗換割

エステサロンやクリニックはどこでもいいみたいです。
あんまり個人経営みたいなエステサロンとかだと適用になるか微妙ですが。

とりあえず脱毛していたことがわかる会員証や契約書の持参が必要です。
乗り換え割は5回コースプランが10%OFFになります。

例えば、10%安くなるとこんな感じです。


部位 10%引きの料金
1万9800円→1万7820円
肘下 3万9800円→3万5820円
ひざ下 8万9800円→8万820円

契約料金が高くなればなるほど10%割引も結構大きいですね。
別にかなり昔の契約書でも大丈夫なので、もし脱毛経験がある方は持参してみてください。

しかし、このプランも下記医院は適用外なのでご注意を!

青森院、盛岡院、いわき院、郡山院、新潟院

リゼクリニックにペア割はある?

最後にペア割も紹介します。
学割や乗り換え割はやりたくてもできない人も多いかと思います。

でもペア割は誰にでもチャンスがあります。
家族や知人、友達など誰でも良いので、一緒にカウンセリング行って2人とも契約すれば適用となります。


リゼクリニック ペア割

尚、下記の場合は適用外となるので注意してください。

・2人でカウンセリングに行って1人だけ契約する
・2人でカウンセリングに行って1人だけ当日契約、もう1人は後日契約

カウンセリングに行って、その場で2人とも契約すれば、どんなコースの契約でも割引適用になります。
ペア割は契約額によって割引率も変わってきます。

・10万円未満→5%オフ
・10万円以上20万円未満→7%オフ
・20万以上→10%オフ

例えば、2人とも脇だけの契約でもペア割が適用となります。
学割や乗換割ほどの割引率ではありませんが、少しでも安くなるなら、誰かと行って契約したいですね。

ちなみに乗り換え割は学割と併用可能です。
なので、仮に大学生2人で契約したら学割(20%)+ペア割(5%〜10%)が適用になります。

例えば大学生2人でカウンセリングに行って脇を契約した場合。

脇5回(学割20%+ペア割5%=25%引き)
1万9800円→1万4850円

こんな感じで学生には特にありがたい脱毛クリニックかなと思います。
ちなみに併用についておさらいです。

学割と乗換割→併用不可
学割とペア割→併用可
乗換割とペア割→併用不可

学割と乗換割のパターンだけ割引が併用できると覚えておいてください。


リゼクリニックの契約に関するよくある質問

ここでは、リゼクリニックの契約時のよくある質問をまとめました。
契約期間や支払い方法、解約についてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

リゼクリニックの契約時の持ち物とは?

リゼクリニックはカウンセリング時に必ず契約する必要はありませんが、契約することも想定した持ち物が望ましいです。
具体的には下記必要になります。

・本人確認書類(免許証、保険証、パスポート等)
・印鑑
・お金、またはクレジットカード
・引き落とし口座情報(医療ローンを使う場合)

契約内容によっては大きい額になるので、現金よりクレジットカードの方がいいかなと思います。

リゼクリニックの契約期限は?

リゼクリニックの契約期間は5回契約で5年間です。
これは他のクリニックと比べても長いです。

ただ、5年も通うことはまずないかと思います。
4ヶ月ぐらい空けて通ったとしても2年ぐらいで終わっちゃいますからね。
ただし、なぜか新潟院のみは3年間なので注意してください。

リゼクリニックの支払方法とは?

リゼクリニックは下記の方法で支払うことができます。

・現金
・クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・American Express・Diners・DISCOVER)
・医療ローン

現金の場合は分割ではなく、一括払いのみです。
分割したい場合はクレジットカードが一般的。
支払い方法はクレジットカード会社によって異なります。

できるだけ少ない額で分割して払っていきたいなら、「あとからリボ」などのシステムを使って、数千円単位で払っていくことができます。
「毎月払うのは嫌だ、2回ぐらいに分割できれば良い」という人なら、そういった払い方も可能です。

ちなみにクレジットカードを使う場合は本人名義じゃないとダメなので、旦那さんのクレジットカードを使うとかは無理です。
医療ローンはクレジットカードとは別の医療機関専門のローンを通じて支払う方法です。

正直、医療ローンを使う意味はあんまりないような気がします。
金利手数料など多少なりとも掛かりますから、お金をタダで借りれるわけではありません。

医療ローンの場合、3回から60回払いの中で選択できます。
医療ローンだと年利9%の手数料が発生するので、現金かクレジット払いの少ない回数で払うのが支払総額としては少なくておすすめです。

リゼクリニックの契約を解約した場合

解約しても残りの回数分、そっくりそのまま返金してもらえるわけではありません。
契約残額の20%、または上限5万円までの支払が必要になります。

例えば、10万円分の施術回数が残っていたら返金されるのは8万円です。
あと、振り込み手数料も患者負担になるので数百円の損額も出てしまいます。

解約はできれば避けた方がいいですね。
でもどうしても解約したい場合は、振込先の銀行口座情報、通帳、印鑑を持って受付に申請すれば手続きが行えます。
ちなみに解約したい場合は事前に連絡してからでないと、解約書類作成に時間がかかるので結構待たされちゃいますので注意しましょう。


資料:リゼクリニック公式サイト
画像:エステ評価.net

page top